src="http://imaging.jugem.jp/template/js/cookie.js">

真夏の夜の駄菓子<金剛山 千早本道>

JUGEMテーマ:登山

 

2019年AIG全英女子オープンで日本人選手として樋口久子氏以来42年ぶりにメジャー優勝を果たした渋野日向子選手(20歳)。失礼ながらそんな凄いプロゴルフ選手の存在を知りませんでした。渋野選手が食べていたと話題の駄菓子が気になり探してみますが、なかなか見つかりません。執念?の末、職場の近所のスーパーで見つけたので購入。早速試食してみました。

◆大人の駄菓子?

実際に渋野選手が食べていたのは、よっちゃん食品工業「タラタラしてんじゃね〜よ」スティックという商品のようですが、スティックがみつからなかったので1袋(12g)のエスニック風味激辛味を購入。1袋50円と子どもの駄菓子の価格でお買い求めやすいです。「魚肉ねり製品加工品」ということで、早速食べてみます。約1cm状にカットしてあり、食感は歯ごたえ抜群。よく噛むという動作はリラックスに効果があるともいいます。味は唐辛子がピリ辛で子どもの駄菓子というよりも大人の「酒の肴」という感じです。登山の時に食べたらどうか考えたら、行動中は塩分が補給できるけど、喉も乾きそうで水分補給は欠かせないでしょうね。山小屋泊の時に、早めに小屋に着いてビールのおつまみに最高!だと思いました。賞味期限も約2か月はあるし、山行に持っていくのも悪くないと思います。

「大人の駄菓子」を貪った後の真夏の夜は、珍しく真面目に夏山の登山計画を作成です。ヤマケイ オンラインの登山地図&計画マネージャー「山タイム」で行きたい山の地図のコースをクリック。自動的にコースタイムを設定してくれるのが楽です。最近まで国土地理院の地図がロードできない不調が解消されて「ヤマタイム」使用再開です。日本アルプス、上信越などの山を中心に計画作成した山域は10あまり。山小屋も予約して準備を進めています。台風などの荒天、火山の噴火などの影響で予定通りには行かないでしょうけど、行く機会が訪れたら逃さずに山行の夢を叶えたいと願います。

 

【計画作成例1】

西穂独標 日帰り

総距離約6.0km 累積標高差 上り:約705m 下り:約705m
コースタイム4時間45分

予想消費カロリー/水分 1350cal/ml

(体重65kg 荷物10kgの場合)

コース定数18

 

コース定数 算出式

1.8×時間(h)+0.3×歩行距離(km)+10×登りの累積標高(km)+0.6×下りの累積標高(km)

 

予想消費カロリー/水分 計算式

行動中のエネルギー消費量(kal)=コース定数×(体重+ザックの重量)

 

※「山タイム」は上記をコースタイムを入力すれば、自動的に算定してくれます。

 

過去に自分たちが歩いたコースのコース定数が分かるとこれから計画しているコースの体力的難度が把握する基準のひとつにはなるでしょう。ちなみに過去私たちが大阪から日帰りしている伯耆大山(夏山登山道〜弥山頂上往復)のコース定数19と西穂独標がほぼ同等のコース指数になりました。実際はコース定数以上にしんどいと感じた独標でしたが、数値上はロープウェイで標高を上げた地点から出発する山行を示しているようです。

 

 

【計画作成例2】

槍ケ岳 上高地〜(槍沢)〜(槍ヶ岳山荘)〜槍ヶ岳 2泊3日

総距離約38.5km 累積標高差 上り:約2193m 下り:約2193m
コースタイム17時間30分

予想消費カロリー/水分 4950cal/ml

(体重65kg 荷物10kgの場合)

コース定数66

 

今夏私たちが目標としている槍ヶ岳の槍沢コース往復。過去1度だけ10年前に歩いているコースですが、2年前に行った鹿島槍ヶ岳(扇沢〜北峰往復)のコース定数68とほぼ同等の体力が必要というデータになりました。予想消費カロリーが西穂独標と槍ヶ岳に場合では全然違うので食料等も多めに用意することになります。その場合、重量の影響で思ったよりもペースが上がらないということにもなりそうで、過去の経験もふまえてそこは調整していきたいと思います。ターン王子やタラタラ〜は持って行ってもイイかな?

 

 

<8月4日 金剛山>

夜勤明けの山のまこを職場まで迎えに行き登山口へ。11時34分豊田駐車場を出発。ルートは千早本道往復です。山頂12時19分で気温23℃。下山終了13時05分でした。予想通りの暑さで登山開始前より発汗が多いです。八合目〜九合目新道は工事中とのことです。44分掛かり山頂に到着。

 

 

742回目の捺印をいただき国見城址広場へ。12時30分のライブカメラ待ちで広場は登山者で賑わっています。気さくでややお節介な男性が私たちをツーショットで撮影して下さいました。ライブカメラにも写っていってや〜と声をかけていただきます。ありがたいけど、本日は遠慮して転法輪寺に移動してお参りです。

 

雲ってきたので雷雨を警戒して千早本道を駆け足で下ります。幸い雷雨に遭うことなく無事下山できました。まだ夏の大気が不安定な日々が続いています。

 

 

<8月10日 金剛山>

午前8時24分豊田駐車場を出発。ルートは千早本道往復です。山頂9時07分で気温26℃。下山終了10時01分でした。

今回は夏山遠征に備えて購入した登山靴を使用して行きます。駐車場は意外と空いていて9連休の方もいるお盆休み初日。夏山遠征に出掛けた登山者が多いのでしょうか?下山してきた常連のアイアンさんから今日は風がないよ、との予想通りの「暑いコメント」。。出発時から今日は気合も入らずタラタラ?登る気でした!それでも一合目あたりの沢沿いは思ったよりも涼しいです。

 

七曲り(一合目〜二合目)あたりで後方からナップザックを背負った軽装な方が迫ってきました。直ぐに追い抜かされると思っていたのに、これが思わぬデットヒートとなります!タラタラどころか、暑さの境地で覚醒!「境地」といえばプロ野球パリーグ最下位独走中の某球団のY選手の応援歌。暑すぎてついに頭がおかしくなってセルフ応援することに!

 

オー!ま・こ・ま・さ!ま・こ・ま・さ!

その底力(ちから) ここで 魅せろ!!  魅せろ!!

全身全霊 駈けろ!! 駈けろ!!

オイ!! オイ!! オイ!! オイ!! あ・つ・い!!

 

フラフラになりながらも、軽装な方と同着で山頂に辿り着きました。我ながら実にしぶとく粘り強くなりました。43分で辿り着いた山頂の温度計は26℃。実際は24℃ぐらいでしょうけど、私たちにとって今夏で最も暑い回数登山です。743回目の捺印をいただき国見城址広場へ。

 

残暑お見舞い申し上げます

トンボが飛ぶとはいえ、立秋(2019年は8月8日頃)を過ぎても低山は猛暑が続きます。。それしても凄い青空です。こんな天候の日に日本アルプスに行くことできたら最高ですが、最近の日本アルプスは午後から、早ければ午前中の時間帯、雷雨に見舞われることがあるとの情報があります。

 

猛暑?お見舞い申し上げます。。

山のまこが夜勤なので早めに本道を下山。前穂日帰りアスリートさんは今日も攻めておられます。過去に前穂だけでなく西穂も日帰りされている凄い方です。H会長様が登ってこられました。西穂独標日帰りで行って来ましたとお伝えしたけど、H会長様は過去に西穂を日帰りされています!本日も10時のライブカメラのセンターで登場されていました。下山を続けていると、次々と常連さんが登ってこられます。

英語リーディングさんへの挨拶は「ハロー」でなく普通に「こんにちは」でイイみたいです!

犬の親分さんは、私たちの蚊取り線香の効果を尋ねられますけど、効果ありで、確かに虫は避けていきます。今日は犬を連れておられません。

元気やなぁ、と声をかけて下さる好々爺さん。実は一番元気なのはご本人でしょう!常連さんたちはこんな暑い日も金剛山に登り続けておられます。

 

本道を下山して来ると、駐車場管理人の豊田さんが菜園で採れたゴーヤを下さいました。ありがとうございます!

明日8月11日は「山の日」。山には行きませんが、天気はずっと気になっています。娘心はョ、山の天気と「山男の歌」で歌われているそうですね。変わりやすい山の天気に翻弄されても、来るべき私たちの「山の日」に向けて準備は怠らずに日々歩んで行こうと思います。

 

 

◆ランキング◆

 

 

 

0
    コメント
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL